不動産屋さんは近所で探せ!〜賃貸・仲介から売買・買取まで〜不動産売却に関するFAQ

不動産の売却を考えたとき、私が不動産を所有していた期間で
税金の額が変わるといわれました

不動産の所有期間が5年以上であるならば、長期のキャピタルゲイン(5年)に、または、5年以下ならば、短期キャピタルゲインになります、そして両者の税の金額は大きく異なります。そのうえ遺産の場合には相続人の所有期間と被相続人の所有期間を合計します。

●税計算方法は、税が依存する期間によって異なる金額となります。不動産の売却以前に不動産を所有されていた期間で算出する方法です。
●最初は「所有期間は何年になりますか」ということです。売られた不動産の売却益を計算するために売られた年の1月1日時点で獲得の日からの所有期間を計算します。所有期間が5年以上であるならば、長期のキャピタルゲインに、または5年以下ならば、短期キャピタルゲインになって、5年、そして、長期の間、各々の計算方法によって短期の間税を計算してください。
●税の総額は長期のキャピタルゲインの場合より著しく、短期キャピタルゲインの場合のほうが重くなるので十分な注意が必要です。
●相続したした不動産に関しては、祖先がその不動産を得た日と取得価額が継承されます。祖先が相続人が不動産を手渡した日まで不動産を得た日からの期間が移動の1年の1月1日に5年を上回る所有状態にあるならば、遺産の後の所有期間に関係なく、それは長期のキャピタルゲインであると考えられます。不動産贈与の場合も相続と同様に所有期間と取得価額が継承されます。

 

スポンサードリンク

相互リンクサイト 全国不動産情報一覧トップページへ サイトポリシーおよび管理人プロフィール