不動産屋さんは近所で探せ!〜賃貸・仲介から売買・買取まで〜不動産関連国家資格の数々

不動産に関連した国家資格には

不動産鑑定士
司法書士
土地家屋調査士
宅地建物取引主任者
マンション管理士
管理業務主任者などがあります

スポンサードリンク

不動産鑑定士(ふどうさんかんていし)

国家試験である不動産鑑定士試験に合格し、国土交通省に備える不動産鑑定士名簿に登録を受けた者で、不動産の権利関係やその経済価値に関する高度の専門家である。不動産鑑定士の独占業務は不動産の鑑定評価であり、不動産鑑定士以外の者が不動産の鑑定評価を行えば、刑事罰の対象となる。

不動産鑑定士の主な業務

公的機関からの依頼として、地価公示法に基づく標準地の鑑定評価、国土利用計画法施行令に基づく基準地の鑑定評価、相続税課税のための路線価の評価や、固定資産評価員業務等がある。更に、土地収用法その他の法律により公共用地を取得する際の鑑定評価や、競売事務における評価、国有財産の評価も不動産鑑定士の重要な職務である。

一方、民間からの依頼としては、売買の参考としての鑑定評価、株式会社へ不動産を現物出資する際の鑑定評価、減損会計における評価、抵当権設定のための鑑定評価、抵当証券発行のための鑑定評価、不動産の証券化に係る鑑定評価、会社合併時における資産評価、地代や家賃の更新・改定時の係争における評価、相続発生時における資産価値の評価などがある。

なお、不動産鑑定士は、不動産鑑定士の名称を用いて、不動産の客観的価値に作用する諸要因に関して調査若しくは分析を行い、又は不動産の利用、取引若しくは投資に関する相談に応じることを業とすることができる。

司法書士(しほうしょし)

他人の依頼を受けて、次に掲げる事務を行うことを業とする国家資格者である。

1.不動産登記・商業登記等,登記に関する手続及びその審査請求について代理すること
2.供託に関する手続及びその審査請求について代理すること
3.裁判所に提出する訴状・答弁書や,検察庁に提出する告訴・告発状等の書類を作成すること
4.法務局又は地方法務局に提出する書類を作成すること
5.上記1から4までの事務について相談に応じること

土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)

他人の依頼を受けて、土地や建物がどこに あって、どのような形状か、どのように利用されているかなどを調査、測量して図面作成、申請手続などを行う測量及び法律の専門家のことである。

土地家屋調査士になるには、法務大臣の認可を受けるか、法務省が実施する土地家屋調査士試験に合格して土地家屋調査士となる資格を取得する。土地家屋調査士となる資格を有する者は、事務所を設けようとする地を管轄する都道府県内に設立された「土地家屋調査士会」へ入会して、日本土地家屋調査士会連合会に備える土地家屋調査士名簿に登録を受けなければならない。

土地家屋調査士会に入会している土地家屋調査士または土地家屋調査士法人でない者(公共嘱託登記土地家屋調査士協会を除く)が、土地家屋調査士の業務を行った場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金、土地家屋調査士または土地家屋調査士法人の名称またはこれと紛らわしい名称を用いたりした場合、100万円以下の罰金に処せられることがある。

宅地建物取引主任者(たくちたてものとりひきしゅにんしゃ)

不動産の契約業務を行うための国家資格のひとつで、昭和33年に当時の建設省が、宅地建物の公正な取引が行われることを目的につくった資格である。(当初は「宅地建物取引主任者」ではなく「宅地建物取引員」と呼ばれていた。)一般的に「宅建」(たっけん)と略称され人気資格となっており、バブル期には30万人程の受験者がいたと言われている。一部では、法律系試験を志す者の、入門編的な試験とも言われている。


相互リンクサイト 全国不動産情報一覧トップページへ サイトポリシーおよび管理人プロフィール